交通事故への対応

交通事故にあった場合には、事故によって後遺障害が出てしまうことが考えられます。後遺障害への慰謝料を請求するためには後遺障害の認定を受けておく必要があります。後遺障害の認定は症状固定の決定→医師からの後遺障害診断書→診断書を保険会社送付→後遺障害についての審査→保険会社からの認定通知→損害賠償の受け取りの手順となります。保険会社からの認定に納得いかない場合には再審査を請求することも可能です。

医師からの診断書は後遺障害の等級の認定に際して重要なファクターとなることが少なくありません。しかしながら、後遺障害の認定用の診断書を作成することに慣れている医者を探すのは意外と難しいものです。ですから、後遺障害の認定用の診断書をよういする場合には、あらかじめ弁護士さんに相談して、どのような形の診断書にすればいいのかのアドバイスをもらって、それに基づいた診断書を医師の方から作成してもらうのがお勧めです。
整骨院では診断書を作ることが出来ないのでその点は留意が必要になります。自覚症状も含めて、医師にきちんと自分の状態を伝えることを忘れずに行うことが必要になります。診断書の作成は自分で医師に依頼することもできますが、自分が加入している保険会社の担当者に診断書の依頼を代行してもらうことも可能です。